宗教法人 東方山安養寺のホームページへようこそ!!

qrcode.png
http://tohozan-anyouji.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

宗教法人 東方山安養寺
〒520-3015
滋賀県栗東市安養寺88
TEL.077-552-0082
FAX.077-552-9151
──────────────────
 

安養寺の仏様

 

薬師如来坐像(国指定重要文化財)

薬師如来坐像(国指定重要文化財)
 
木造 鎌倉時代
像高 136.8cm
 
 安養寺の本尊として、薬師堂に安置されています。
薬師如来は、薬師瑠璃光如来とか大医王仏ともよばれ、東方瑠璃光世界の教主で、人間の病苦をいやし、内面の苦悩を除くなど、12の誓願をたてた如来様です。
御真言 おんころころ せんだりまとうぎそわか
御真言の意味---どんな強敵でも踏みつぶす、象王のようなお薬師さま私達の体や心に住みついている病気や苦しみを早く取り除いて下さい。
 

日光菩薩・月光菩薩立像(市指定文化財)

日光菩薩・月光菩薩立像(市指定文化財)
 
木造 鎌倉時代
像高 日光172.7cm 月光174.7cm

 両菩薩は薬師如来の脇侍です。
この両菩薩は、薬師瑠璃光浄土における代表的な菩薩様で、日光菩薩は光明のあまねく際限の無い徳をつかさどり、月光菩薩は月のような清涼の法楽をもって衆生に生死の煩悩をはなれさせる働きをするといわれています。
 

十二神将

十二神将
 
 
   
木造 江戸時代
 
 十二神将は安養寺を復興した戒山慧堅によって元禄5年(1692)に造立されたものです。
十二神将は薬師如来の眷属です。
一説には薬師如来の12の大願に応じて現れる薬師如来の分身ともいわれています。
 

阿弥陀如来立像(市指定文化財)

阿弥陀如来立像(市指定文化財)
   
木造 平安時代
像高 78.8cm

 阿弥陀如来は、無量寿如来・無量光如来と漢訳されます。それは、梵語のAmitaが量(はか)ることのできないという意味で、阿弥陀如来は寿命無量、光明無碍の仏様であるからです。
 西方極楽浄土の教主として信仰されています。
 

毘沙門天立像(市指定文化財)

毘沙門天立像(市指定文化財)
 
木造 平安時代
像高 91.8cm

 毘沙門天は四天王(持国天・増長天・広目天・多聞天)の随一、多聞天のことで、北方の守護神とされています。
 

大黒天立像

大黒天立像
 
木造 室町時代
像高 91.8cm

 大黒天は、大国主命と結びつけられ、七福神の一つとして大きな信仰を得ていますが、もともとは、戦闘・福徳の神様で、憤怒像でした。
 とくに寺院の台所にまつられたところから、大黒柱の名前も生まれてきたといいます。
 

観音菩薩坐像

観音菩薩坐像
 
木造 平安時代
像高 112.7cm

 観音堂の本尊として祀られています。
観音菩薩は、正式には観世音菩薩あるいは観自在菩薩といいます。衆生が救いを求める声を聞くとこれを自在に救う菩薩という意味です。衆生に悟りの法を説く如来様に対して、観音様は現世利益の救済を施す存在となっています。
 

愛染明王坐像

愛染明王坐像
 
木造 
弘法大師作

 愛染とは愛欲貪染の意味で、人間が愛欲におほれるのを、そのまま菩提の心に変えるはたらきをする明王です。愛の神で、この明王は忿怒暴悪の形を現していますが、その内面には恋愛染着の至情を本体とするためこの名前があります。
 

地蔵菩薩半跏像 2体

地蔵菩薩半跏像 2体
 
 
   
木造
<<宗教法人 東方山安養寺>> 〒520-3015 滋賀県栗東市安養寺88 TEL:077-552-0082 FAX:077-552-9151